<What's New?>

チラシ各種そろえました♪

<若手実行委員会Twitter>

<リンク>

バイバイ原発3.10京都チラシ表面
3.10.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.2 MB
バイバイ原発3.10京都チラシ裏面
3.10-2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.1 MB
宮崎寛デザイン3.10フライヤー表
クラブ・カフェ用フライヤーです♪DLしてお使い下さい。
若手チラシ表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 679.9 KB
宮崎寛デザイン3.10フライヤー裏
若手チラシ裏.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 457.3 KB

9.10原発NO!京都府民大集会

円山音楽堂に2600人/福島・福井に連帯

10日午後、炎天下の円山音楽堂は熱く燃えました。おしまい原発 守ろう古都をスローガンにした「9. 10原発NO!京都府民大集会」が開かれ、炎天下のもと2600人の府民が参加しました。福島、福井両県からも連帯とたたかいの報告もおこなわれ、「原発からの撤退」を呼びかける大集会として成功しました。(暑かったです...)

 

集会では、呼びかけ人を代表して深尾正之さんがあいさつ、安斎育郎さんらのメッセージが紹介されました。また呼びかけに賛同されたみなさんの中から、反核医師の会の代表世話人・三宅成恒さんが挨拶、京都仏教会理事長の有馬頼底さんからは「知足」(ちそく)を添えたメッセージが紹介され、大きな拍手が送られていました。

 

日本共産党のこくた恵二衆議院議員が、国会報告を兼ねて原発撤退をめざす闘いの決意を表明。こくた氏はこの中で、経産相の「死の町」発言などを厳しく糾弾。原発の再稼働をもくろむ野田政権と正面から闘う決意を表明、「原発のない日本の実現にむけて力をあわせよう」と呼びかけました。(写真上)

 

 また福島県と福井県から連帯の発言。原発から12キロ地点で農家民宿を経営していた渡部チイ子さんは、自らの経験に触れながら大震災と原発事故の生々しい実態を報告、「ふるさとに帰れる日まで東電と闘う」と怒りと決意を込めて発言(写真)。会場からは「よし」と連帯の声援が飛びました。

 

続いて、翌11日に同じく円山公園で予定されている、「9・11バイバイ原発・市民の行進」(円山公園ラジオ塔前:しだれ桜西側ひろば・午後2時集合)実行委員会の長谷川羽衣子さんから連帯をこめた挨拶(写真右)。「9.10と9.11の2つの行動がお互いに連帯し、原発を無くするために力を合わせましょう。明日の行動にも参加してごいっしょに歩きましょう」とエールを交換すると、会場からは万雷の拍手が起こりました。(みなさん!明日も参加しましょう!)。最後に京都の各地からとり組みの経験が述べられました。

 

集会には井上さとし参院議員も参加。会場入り口付近で集会参加者を激励するとともに、持ち込まれた「原発ゼロ」署名を受け取りました。この日は、東地区や北地区などから署名が届き、「確かに国会に届けます」と署名の束を受けとりました。(写真は東地区の元府議・本庄さんから署名を受けとる井上議員)

原発ゼロへ思い思いのパレード

 

原発ゼロへの思いを込めて炎天下の円山音楽堂から京都市役所まで歩いた集会参加者のみなさん。手に手にそれぞれの思いを書いたプラカードや横断幕。みんなの心はただ一つ...原発のない日本を!「おしまい原発、守ろう古都」です。パレードの一部を写真で掲載します。

 

市長候補の弁護士・中村和雄さんも、自由法曹団の隊列で元気な姿を見せていました。府会議員、市会議員を先頭にした日本共産党の隊列です。手に手にスローガンを掲げて...

 

長岡から子育てママたちと参加した石村かず子3区候補。子どもたちの笑顔がステキです。福島まで「京野菜と文化を届けた」文化後援会も元気に歩きました。

 

福井原発から10キロ圏内の舞鶴からも、原発ゼロの思いを込めてバスで駆けつけました。新婦人の皆さんたちです。横断幕のスローガンを早く実現させたいものですね。